金利はいくら?静岡銀行カードローン「セレカ」の借入条件を解説

カードローン金利は必ず確認を

これから静岡銀行カードローン「セレカ」を申込みされる方、もう金利は確認されましたか?まだの方は、これから一緒に金利を確認してみませんか?

このカードローンは比較的手軽に使えるものの、利用に応じた利息はきっちりと請求されるからです。利息は金利に応じて決まりますから、このカードローンの金利がいくらになるかは確認することをオススメしますよ。

それではこのカードローンの金利条件や決まり方を解説していきましょう。

金利は限度額に応じた段階制!

セレカの金利は、利用条件によって段階的に変わるようになっています。同じカードローンを使っている方でも金利が違うことがありますので、仕組みをよく確認してください。

金利判定の基準となるのは、「限度額」。限度額とは、カードローン契約後にアナタが借りれる最大金額のこと。限度額30万円なら最大30万円まで借りれますし、50万円なら50万円、300万円なら300万円までとなります。

この限度額がいくらかで、金利も決まる形になります。

金利の決まり方

セレカの限度額は10万円から500万円まで、10万円単位で設定できますが、金利判定の基準となる限度額の区分は100万円刻みで作られています。

具体的には、「100万円以下」から「400万円超、500万円以下」までの間で、合計5つとなります。

最低区分となる「限度額100万円以下」の場合、金利も最高金利となり、「14.5%」になります。そこから100万円刻みで限度額が上がるにつれて金利は下がり、「12.0%」「9.0%」「7.0%」「4.0%」となります。

「限度額400万円超、500万円以下」のときの「4.0%」が、このカードローンの最低金利となりますね。

限度額は好きに決められる?

つまりセレカは限度額が高いほど金利は低くなるわけです。だったら少しでも高額限度額にしたい方も多いでしょう。

しかし限度額は、好きな金額を自由に指定できるわけではありません。

金額の希望はできますが、正式な限度額は審査の結果で決まります。

返済力に比べて希望限度額が高すぎる場合、適正な金額まで落とされるのが普通です。たとえば年収100万円の方が、100万円以上の限度額を使えることは、ほとんどありません。

適正な限度額の目安は、年収を三分の一にした金額です。ここまでなら通ることも多いですが、その基準を超えると審査後に減額されることも多いでしょう。

まとめ

以上のように、セレカはアナタの契約限度額に応じて金利が決まるシステムです。

限度額の目安を参考に、アナタが決まりそうな限度額を予想すれば、これで使える金利がおおよそ予想できるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする