借入前にチェックを!静岡銀行カードローン「セレカ」の返済方法

返済も借入同様に指定アリ

静岡銀行カードローン「セレカ」で借入すると、返済が必要になりますよね。このとき、ただお金を返せばいいわけでもありません。返済には返済で「規定」があります。

これは、借入に規定があるのと同じですね。規定通りにしか借入できないように、返済も規定通りにやらないと、ときには滞納となることもあります。

これは便利なカードローンですが、借入前にこれら返済規定も忘れずにチェックしておきましょう。

基本となる返済とは

セレカで借入した後の返済ペースは利用者に任されていますが、最低でも月に一度、返済が必要になります。その返済日も決まっており、「毎月10日」となっています。

このときの返済方法は、静岡銀行のネットバンクの口座からの引き落としとなります。

このカードローンを契約するとき、ネットバンクの口座を持っていない方は、あわせて登録手続きをすることになります。返済時に必要になるため、申込み時にネットバンクが必要とされるのですね。

以上のような返済が、このカードローンで絶対に必要な返済になります。

返済額はいくら?

毎月10日に引き落とされる金額は、先月末日の借入残高に応じて決まります。たとえば、「2千円以上10万円以下」の残高だったら、「2千円」となります。

このように残高に応じた返済金額が決まっていますので、その金額が引き落とされます。口座にある程度のお金が入っていれば、厳密に金額を知らなくても返済できることもあるでしょう。

しかし残高が少ない場合、返済金額が不足することもありますから、一度はこの返済金額を確認しておくことをオススメします。

引き落としが足りないと滞納に

10日の返済日、口座の残高不足により引き落としができないと、滞納判定を受けます。このときは遅延日数分の罰則金がかかります。

また、不足金額を完全に支払い終えるまでは、セレカでの新規借入が停止されます。引き落としができない場合、何かと損ですから、10日には所定の口座に必要金額を入金しておいてください。

その他の返済も可能

絶対必要なのは以上のような返済ですが、これ以外の返済自体は可能です。ネットバンクや静岡銀行のATMなどを通し、好きな金額を返済に回せます。

このときの返済は全額元金に充てられますので、借入残高をかなり減らせますが、利息の支払いは毎月10日のみとなりますので、ご注意ください。

セレカ返済のまとめ

セレカ利用時に必要な返済手続きは、以上となります。毎月10日の返済ができないと罰則金がかかりますから、まずはこれを優先して支払うといいでしょう。

その上で、余裕のあるお金はドンドン返済に回すと、規定を守りながらかなりお得に返済できますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする